ワーキングプアとは?

ワーキングプアとは、正社員などのフルタイムで働いたとしても、貧困線以下の収入しか得ていない人たちの事を示します。

働き損とも言え、日本では国民貧困線が公式には設定されていません。

そのため正社員並、もしくはフルタイムで働いてもギリギリの生活が困難、生活保護の水準以下の収入しか得ていない労働者と解釈されています。

ワーキングプアは日本でも最近有名な言葉ですが、他の先進国でも同じような状況の問題が起こっています。

お隣の韓国では、派遣社員の増加を規制する法案で「非正規保護法」が成立。

派遣社員は近年日本でも多く見られていますが、韓国などの国でも急増しているんですね。

日本では派遣労働の階段的解禁はされましたが、パートや契約社員などの非正規雇用の全労働者の割合が、
90年代後半以降に一貫して急増しているんだそうです。

企業側も生き残るために社会保障負担の軽減、安価での労働力などで人件費の大幅カットが原因です。

仕事を探す側としては色んな仕事が増え、一見は収入の安定が伺えます。

しかし契約社員の場合、雇用は短期間での更新が行なわれ、更新も会社の経営状況という非常に不安定な状態が多いです。

またパートや契約社員の場合、長年勤めることが保証されていないのでキャリアアップの見込みは少なく、
正社員と比較すると社会保険などの補償内容も薄いです。

日本経済が長期停滞にあった1990年代には、リストラ者などが多く出て「就職氷河期」とも言われました。

その後も正社員としての就職先が見つからず、生活を守るために非正規社員として働く人が増えています。

また新卒で正社員で就職できなかった人達も、安定した就職先へ就く事が難しく、仕方がなく非正規雇用者として働き続けている人も多いのが現状。

日本でワーキングプアの解決への取り組みとして、主にこの状態に陥りやすい母子家庭に自立支援を提供しちえます。

一定の給付を行ないながらの資格補助制度の導入などの政策がありますが、予算の執行割合の低さなどから問題が色々問われているそうです。