貧困から抜け出す方法

ネットカフェ難民の人数を調査した際に、5400人と言う数字が結果としてでましたが、年齢問わず年齢以上に存在すると感じます。

何を基準にこの人数調査がされたのか、ネットカフェ難民者はお店を転々として歩いたりするので、正確な人数確認は困難だと思います。

この言葉が広く知れ渡っときと現在の状況、少しは改善されたかに思えます。

それは政府や東京都や大阪府、愛知県などのセーフティーネット窓口を開設されたことにあります。

住所不定だけど日雇い派遣などのアルバイトで生計を立てている。

最低限の生活費(家賃、光熱費、食費等)の支払いを毎月コンスタントに払うのは困難でも、その日泊まる場所代は確保できる。

仕事に対しての意欲があるのであれば、セーフティーネットを利用する事で、この貧困生活から抜け出すことが出来ると思います。

例えば厚生労働省で支援している政策を利用する。

住宅手当などネットカフェ難民に対して、住宅費の支援などを行なっています。

また東京都などがこのような貧困生活を送っている人たちに、無利子でお金の貸付を行なっている制度も設けています。

少しでも多くの人に住宅確保、そして日雇いアルバイトなどではなくて継続した収入のある職場復帰などの支援を行なってくれています。

もちろん現在住所不定の状態でも、相談や利用をする事は可能です。

しかし貧困生活から脱出するために生活保護を考える人も居ますが、申請には住所がなくてはダメなので、
現状ではネットカフェ難民は生活保護の申請は行なえないのです。

次の抜け出す方法として、仕事をしながら生活の場を提供してくれる寮付きや住み込みでの仕事。

旅館や大手製造会社など様々な企業で、仕事場と住む場所の提供を同時に行なっている所があります。

もちろん仕事なので働く意欲がなくてはいけません。

また募集している企業によって光熱費や寮費の徴収を、給料天引きと言う形で引かれる場合もあります。

しかしこのままの生活を続けていくよりも、多少の生活費は掛かってしまいますが手元には十数万円程の資金が残ると考えられます。

もちろん住所だってあるので、携帯電話の契約なども行なえます。

貧困生活からの抜け出し手段は、自分のヤル気と行動が鍵となると感じます。